ここから本文です

海外旅行Wi-FiとAI自動翻訳機をセットで貸し出し、テレコムスクエアが開始、クラウド翻訳で最新の32言語に対応

11/2(金) 20:02配信

トラベルボイス

テレコムスクエアは、海外Wi-Fiレンタル「Wi-Ho!(ワイホー)」のオプション商品として、AI自動翻訳機の提供を開始した。貸し出すのは、フューチャーモデルのAI自動翻訳機「ez:comu(イージーコミュ)」。クラウド上の4つの翻訳エンジンにアクセスし、常に最新のボキャブラリーで翻訳を行なうのが特徴で、32の言語に対応している。

テレコムスクエアでは8月末~10月末までのキャンペーン期間、同機を限定オプション商品として提供。これが想定以上の反響があったことから、オプション商品としてレギュラー化を決定した。レンタル料金は1日1台当たり540円(税込)。

なお、同機はタッチパネルによる操作性と使いやすさ、機能性で、2018年にグッドデザイン賞を受賞している。

トラベルボイス編集部

最終更新:11/2(金) 20:02
トラベルボイス

あなたにおすすめの記事