ここから本文です

次期政府専用機、シドニーで初の海外訓練

11/3(土) 17:44配信

Aviation Wire

 航空自衛隊は、2019年度に導入予定の次期政府専用機(ボーイング777-300ER型機、機体番号80-1111)にとって初の海外訓練を、11月3日から5日まで実施する。

 空自によると、海外での任務遂行能力の向上が目的で、日本からも定期便が乗り入れるシドニーのキングスフォード・スミス国際空港で実施。訓練で使用する機材は次期政府専用機のみで、航空支援集団などの隊員35人が参加し、日本側の発着空港は羽田となる。

 次期政府専用機は、8月17日にスイスのバーゼルから千歳基地に到着。9月26日に初の飛行訓練を千歳で実施した。10月20日には、羽田空港で現在の政府専用機(747-400、20-1101)と初めて並び、安倍首相が機内を視察した。12月には、2号機が千歳へ到着する見通し。

Tadayuki YOSHIKAWA

最終更新:11/3(土) 17:44
Aviation Wire

あなたにおすすめの記事