ここから本文です

高田夏帆&武田航平、カレンダー撮影で「本当に好きになりかけるくらい…」

11/3(土) 19:54配信

オリコン

 平成仮面ライダーシリーズ第19作『仮面ライダービルド』(テレビ朝日系 毎週日曜 前9:00~9:30)で、ヒロインの石動美空を演じた女優・高田夏帆(22)が3日、都内で「2019年版カレンダー」の発売記念イベントを行った。

【写真】お気に入りカットを紹介

 同カレンダーは、仮面ライダーグリスこと猿渡一海役の俳優・武田航平(32)がカメラマンを担当。劇中でネットアイドル・みーたん(石動)と、その大ファンのカズミン(猿渡)として共演した2人ならではの“ベストマッチ”な作品となっている。

 共演の経緯を問われ「どうしても僕に撮ってほしいということでオファーを頂きました」と胸を張った武田。高田から「役のつながりもあったし、信頼のできるお兄ちゃんのような存在」と言葉をかけられると「初めて(のカメラマン)が夏帆ちゃんでよかった」と充実な表情を浮かべた。

 武田にオファーしたものの「手ぶれとかピントとか大丈夫かなと思ってた」とざんげした高田。それでも出来栄えについて自己採点を求められると「1億点! もう大満足。航平さんに撮ってもらったおかげです」と笑顔で感謝した。

 撮影では“彼氏目線”のショットが多く、武田は一緒に花火を楽しむシーンでは「『付き合ってるんじゃないかな?』と勘違いするくらい撮影を楽しんでました」と告白し、高田も「本当に好きになりかけるくらい“彼氏感”はありました。恥ずかしい~」と赤面。それでも「実際に付き合う?」との声には「えっ!? ないで~す!」(高田)と笑い飛ばしていた。

最終更新:11/11(日) 10:25
オリコン

あなたにおすすめの記事