ここから本文です

野良猫の世話で忙しい胡おばさん、家族も応援 北京

11/3(土) 8:40配信

東方新報

【東方新報】胡おばさん(58)は定年退職後、年老いた姉妹らと一緒に外出することはない。友人と集まって会食をすることもない。でも毎日はバタバタと忙しい。というのも、家の中と外、合わせて60~70匹の野良猫が待っているからだ。

 40平方メートルしかない家で、胡おばさんは8匹の猫を飼っている。年齢、顔つき、性格もそれぞれだが、共通点が一つだけある。みなかつては野良だったことだ。

 家の面積は広くないが、置いてある物は多い。猫用の餌と冬用の猫用ボックスの占める面積だけでも相当なものがある。だが家の中は整理が行き届いていて、ソファの上やテーブルの下、窓際、ベッドの隅など、猫が横になれるところは柔らかなマットを敷いてある。

「猫は寄りかかるのが好きだから・・・マットは厚めが良いの、暖かいし」と胡おばさんは微笑みながら言う。猫の毛だらけにならないよう、家のソファやベッドには布のカバーをかけてあり、寝る時だけカバーを外すようにしているという。

「家の中に入れば、家族の一員。毎日を気持ちよく過ごしてほしいの」と胡おばさんは言う。

 ■4時までには起床し猫に餌を

 家の中には皿が6枚が置いてある。「この子らは好きなものがそれぞれなの。今回ドライフードを食べたら、次回はウェットフードとか、食べるごとに食べるものを替える子もいるわ」。家の中の猫に細かく心配りをするほか、家の外の猫に対しても手抜きはしない。午前と午後5時にきっちり食べさせるために、胡おばさんは一日中忙しい。

 朝は午前4時前に起き出し、前日に買っておいた鶏のレバー5キロを煮る。家を出る前には、猫のえさと水を忘れずに揃える。胡おばさんは自分の朝ごはんを食べる暇もない。「5時には必ずみんな来るから、遅刻はできないわ」という。

 胡おばさんの家があるブロックには三つの餌場があり、約40匹の猫が定刻に現れる。家を出る時には、ニャンコ用の食べ物と水約10キロを持つ。餌場を廻り終えると、また家に戻り、今度は鶏のレバーの煮物を携えてバスに乗り、引退する前に務めていた元の職場に行く。バスで30分の道のりだ。「引退はしたけど、毎日通っているわ。もちろん仕事じゃなくて、ニャンコのお世話に行くの。10数匹が私を待っているのでね」

 午後4時過ぎになると、胡おばさんはまた忙しく動き出した。ドライフード、缶詰、鶏レバーと水を包む。そして10数個の弁当箱を入れる。「これはニャンコ専用の容器なの。食べ終わったら、また持ち帰り、洗って次に使うのよ」

 午後5時、記者は胡おばさんと一緒に家を出た。2階まで降りるともう、ニャオ、ニャオという鳴き声が聞こえてくる。1階の出口から出ると、15~16匹の猫が待っていた。「さあ、ごはんだよ」という胡おばさんの言葉に、ニャンコらはおとなしく胡おばさんの後についてくる。ある空き地まで来ると、胡おばさんは一つずつ食器を取り出し、1匹ごとに夕飯の盛り付けをする。

「この子らは好みが違うの。皆それぞれよ」。1杯目を食べ終わって足りなければ、おかわりを入れてあげる。「野良は寿命が短いから、なるべく美味しいものを食べさせたいの」

 満腹になってその場で爪をなめたり、毛づくろいをしたりするのもいれば、胡おばさんに甘えてくっついて離れないのもいる。約30分後、ようやくそれぞれ帰っていくと、胡おばさんはあたりを見回しながら「いつも来るのが遅い子がいるの。もうちょっと待ってあげましょうね」。少し経つと、胡おばさんが予想したとおり、2匹の影が近寄ってきた。

 胡おばさんが餌場を一回りして自宅に帰りついた時には、すでに午後8時を過ぎていた。

 ■「生きてるってことは容易じゃないのよ」

 手間と暇をかけ、お手製の食事を作り、冬になれば布団や箱で家を作ってあげる…と胡おばさんの隠居生活は、現役の時より忙しい。毎日の鶏レバー5キロ、毎週1回のドライフードとウェットフードの購入で毎月の年金は全部なくなる。

 幸いに、娘と夫は胡おばさんを支持しているという。「家の維持費は負担してくれるし、たまにはお小遣いもくれる。夫は、疲れすぎないようにと言ってくれるの」と胡おばさんは幸せそうに微笑みながら言う。

「引退したての頃は、友人から旅行への誘われたこともあったが、胡おばさんは一度も行ったことが無い。「私が行ってしまったら、誰がこの子らの面倒を見られるの? 毎日私が来るのを待ってくれているのだからね」「みんな生きている『命』、生きるってことは容易じゃないのよ」(c)東方新報/AFPBB News

※「東方新報」は、1995年に日本で創刊された中国語の新聞です。

最終更新:11/3(土) 8:40
東方新報

あなたにおすすめの記事