ここから本文です

【ROAD FC】藤田和之がチェ・ムベを初回TKO、48歳の大ベテラン対決を制す

11/4(日) 0:17配信

イーファイト

総合格闘技「ROAD FC 50」
2018年11月3日(土・現地時間)韓国・テジョン チュンム体育館

【フォト】試合後には肩を組み合いツーショット撮影に応じた藤田とムベ

▼セミファイナル 無差別級 5分3R
○藤田和之(48=TEAM FUJITA)
TKO 1R 1分55秒
●チェ・ムベ(48=韓国)

 藤田は2000年1月に29歳で、ムベは2004年2月に33歳で、ともに『PRIDE』のリングで総合格闘家としてプロデビュー。以降、長らく日韓の重量級戦線を牽引してきた。

 近年は両者とも白星から遠ざかっていたが、藤田は今年5月の『ROAD FC 48』で約10年ぶりに、ムベも8月の『ROAD FC 49』で約3年ぶりに勝利。藤田はその大会でも白星を挙げ、現在2連勝中と好調だ。ベテラン健在を示すこの両者が、48歳にして初めて拳を交える。

 1R、開始早々のタックルをムベにカットされた藤田だが、以降もジリジリと前に出て圧力を緩めない。すると、ムベがケージ際まで後退したところを、藤田が右フックで強襲。一瞬腰が落ちたムベはたまらずクリンチに逃れる。

 ここで攻め急がず、ムベを突き放す藤田。ムベも左フックを振るって巻き返さんとするが、一瞬動きを止めたところで藤田の左フックを喰らい、今度は完全にダウン。藤田がとどめの鉄槌連打を落とし、レフェリーストップを呼び込んだ。藤田がタフなムベを初回TKOで下し、3連勝を飾った。

最終更新:11/4(日) 15:15
イーファイト

あなたにおすすめの記事