ここから本文です

石原プロの金児憲史&神田穣がプロレスデビュー 今後も「機会があれば」

11/4(日) 0:05配信

東スポWeb

 石原プロモーションの俳優、金児憲史(40)と神田穣(23)が3日、全日本プロレスの東京・後楽園ホール大会に参戦。スペシャルエキシビションマッチでプロレスデビューを果たした。

 2人は親交のあるカーベル伊藤とトリオを組み、佐野直、原学、大久保一樹組と対戦。神田は原に柔術仕込みのヒールホールドを決めたかと思えば、華麗なスリングブレイドも披露。続けて登場した金児も188センチの長身を生かしたダイナミックな打撃やブレーンバスター、ギロチンドロップなどで観客を沸かせた。

 試合は終盤になって伊藤が攻め込んだところ、佐野組が乱入してスクランブル状態に。もみくちゃになる中、伊藤が佐野にマスクをはがされ試合が終わった。

 反則ながらデビュー戦に勝利した石原プロの2人は、充実の表情で「全日本プロレスとカーベル伊藤社長のおかげで新たな自分を見いだすことができました」(神田)、「ひと皮むけて40歳を迎えることができました」(金児)と笑顔。今後の参戦については「機会があれば」(神田)、「俳優と両立は難しいですが、折り合いがつけば」(金児)と前向きだった。

最終更新:11/4(日) 0:09
東スポWeb

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ