ここから本文です

年齢確認タッチパネルを拒み続ける「大人」たち トラブル経験のコンビニは2割弱も

11/4(日) 14:00配信

J-CASTニュース

 コンビニでお酒を買う際、年齢確認のタッチパネルを押す――わずか数秒に過ぎないこの行為にあらためて注目が集まっている。システム導入から約7年。いまだに、「パネル押し」の要求に激高して暴れた40歳代の逮捕者を出すほどの古くて新しい問題だ。

 このほど新聞投書に賛否の声が寄せられたことをきっかけに、ネット上でも議論が再燃。余波としてか、「本味醂(編注:酒税法上は酒類)にまで年齢確認いるってびっくり」と驚く声も寄せられた。現在の対応状況について、コンビニ大手各社や味醂(みりん)業界に聞いた。

■年齢関係にブチギレ、パネル壊した中年男

 「何で毎回(パネル押しを)せなあかんねん」。コンビニで酒類販売の際に店側が求めるパネルタッチによる年齢確認に激高し、レジの液晶パネルを壊したとして兵庫県宝塚市の男(46)が2018年7月1日、県警に現行犯逮捕された。神戸新聞(ウェブ版)などが報じた。

 見た目で明白に「未成年には見えない」大人が、なぜパネルを押さなければいけないのか――こうした抵抗感をもつ成人、なかでも中高年以上の人は少なくない。かつては、タレントの梅沢富美男さん(67)が、テレビ番組「ニッポン☆ダンディ」(東京MX)で12年10月、こんなエピソードを明かして話題となった。コンビニで酒を買う際、店員からパネル押しを求められたとして、

  「オレが19(歳)に見えるわけねぇだろ!60過ぎてるジジィをつかまえて押せとはなんだコラ!!! 」

と、番組内で机を「バン!」と叩いて怒りを新たにしていた。男性共演者からは「それ、ホンマにそう思いますわ」と共感も寄せられた。当時、J-CASTニュースなどが報じた。

 以来、時おり話題となってきた「年齢確認タッチパネル賛否問題」。2018年10月には、朝日新聞(東京本社版)の朝刊「声」欄にこのテーマが複数回取り上げられ、ネット上でも話題となった。

1/3ページ

最終更新:11/4(日) 14:42
J-CASTニュース

あなたにおすすめの記事