ここから本文です

【広島】新井、阪神移籍で罪人扱い 応援旗は母親が保管し応援団に返却…父・浩吉さん手記

11/4(日) 8:01配信

スポーツ報知

◆SMBC日本シリーズ2018第6戦 広島0―2ソフトバンク(3日・マツダスタジアム)

【写真】カープ帽をかぶる幼少時代の新井

 広島はセ・リーグ3連覇の黄金期を築いたが、またも1984年以来の日本一に届かなかった。新井貴浩内野手(41)は有終の美を飾ることができず、20年のプロ生活に別れを告げた。客席で最後の雄姿を見届けた父の浩吉さん(68)が、スポーツ報知に手記を寄せた。

 最後は勝って終わってほしかった。でも20年間、本当によく頑張ってくれたと思います。

 広島が初優勝した1975年、旧市民球場まで日本シリーズを見に行きました。阪急の山口高志さんの真っすぐが本当に速くてね。ちょうどその時、女房のおなかの中にいたのが貴浩です。私もゴリゴリだし、貴浩も生まれながらのカープファン。親子としてこれ以上にない幸せです。

 いつも息子に温かい応援を頂いて感謝しかありません。ただ、一度だけカープファンを恨めしく思ったことがあります。

 貴浩が阪神に移籍した2008年の春。初めて市民球場に帰ってきた時、とんでもないブーイングを浴びました。汚いヤジが止まりません。「裏切り者!」「ツラ見せるな!」と罵声を浴びていました。

 三塁側席で一緒に見ていた嫁さんと娘はワンワン泣き出しました。こんなに悪いことしたのかな。まるで罪人扱いだなと。

 私も頭に来てね。家に帰って、女房に言いました。「あの応援団の旗を捨ててしまえ!」

 息子がFAの残留交渉の席で広島球団を通じて応援団から贈られたのが、特大の旗でした。ファンが息子へのメッセージを寄せ書きしてくれた大切な宝物です。

 あの時は本当に処分してしまえと思った。でも、女房はきちょうめんで律義なんです。私の気持ちも理解しつつ、8年間、大事に大事に自宅で保管してくれていました。

 ちょうど3年前、私設応援団から問い合わせがあって、返すことになりました。シリーズ中も右翼席に掲げられた25番の旗を見て、感激しました。「母ちゃん、ナイスホームラン!」って。息子も母親が大切に取っておいてくれたことに、感心しているんですよ。

 私はカープの選手になるのが夢で、広島の山陽高校に野球特待生として入学しました。でも家計が苦しい。働かざるを得なくなり、数か月で中退しました。その時から胸に秘めていました。「息子ができたら赤ヘル戦士になってほしい」と。

 子供に夢を託し、それをかなえてくれた。自分がプロ野球戦手になったように、実体験させてもらった。68歳になりましたが、周りのおじいちゃん連中にも「お前は幸せな男じゃのう!」と羨ましがられます。私にとっては、あっという間の20年でした。

 貴浩、本当にありがとう!今度、一緒にゴルフに行こうな。120も130も叩いたら恥ずかしいし、ちゃんと練習しておいてくれよ!

 ◆新井の応援旗 特大の背番号25に「ARAI」のローマ字が入った縦3メートル、横4メートルの旗。新井がFA権を行使し、阪神に移籍した07年オフ、残留を願う全国のファン約500人がメッセージを記し、球団を通じて交渉の席で贈られた。旗には「あなたには赤が似合う」「一緒に強いカープをつくろう」とつづられている。今年9月の引退表明後、私設応援団が旗の使用許可を申請。新井が打席に立つと、右翼席で振られるようになった。

最終更新:11/4(日) 11:13
スポーツ報知

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ