ここから本文です

山本彩、涙で8年間のNMB48生活に幕「アイドル・山本彩の完結」

11/4(日) 19:50配信

オリコン

 NMB48の山本彩(25)が4日、大阪・なんばのNMB48劇場で卒業公演『目撃者』に出演。8年間のアイドル生活に幕を降ろした。

【写真】卒業公演で涙ぐむ山本彩 壁掛け写真を外す場面も

 公演前のアナウンスで山本は「ついに、きょうでアイドル・山本彩が完結します」と宣言し、「みなさんは、その最後の“目撃者”です。一緒に最高の思い出、作ってくれますか?」と公演タイトルにかけて呼びかけると大きな歓声が起きた。公演の冒頭のあいさつで山本が自己紹介すると、会場が割れんばかりの声援が。「すご~い」と驚きながらも「きょうは最後までよろしくお願いします」と笑顔を見せた。

 アンコールでは卒業シングルの「僕だって泣いちゃうよ」など5曲、ダブルアンコールではチームN結成当初に歌っていた楽曲「約束よ」と、グループ初期の人気曲「青春のラップタイム」の2曲を歌唱した。

 卒業のあいさつで山本は「入った当初、高校生だった私は目まぐるしい日々に、予期せぬ出来事たちに、そして誰かと比べて悩む自分に一喜一憂していました。悔しい涙も悲しい涙もたくさん流しました。でも、その分、強くなることができました。今、思えば、それを青春って呼ぶのかなって思っています」としみじみ。「本当に、この8年間いろんなことがありましたけど、胸を張ってアイドル人生は楽しかったと言えます。メンバーに、みなさんに会えて本当によかったです」と涙ながらに胸の内を明かした。

 今後はシンガー・ソングライターとして活動する。独り立ちし、さらなる飛躍を誓った山本は「決して簡単な道ではないとわかっています。でも、あきらめるつもりはありません。次、みなさんに会うときは今以上の私で帰ってこられるように、これからも自分に厳しくやっていきます」と約束。そして「なので、みなさん、私のことを忘れないでください」とファンに語りかけていた。

 また、山本卒業後のNMB48のキャプテンには、5期生の小嶋花梨を大抜てきした。任命には悩んだことを明かしながら、加入前からNMB48ファンだった小嶋に託した。「私自身は人としても成長させてもらえた。本当にやりがいのある役目」と話し、加入からわずか2年でキャプテンになる小嶋は「彩さんがNMB48に残してくださったものを、しっかりと受け継いで、私にしかできないキャプテンになります」と涙ながらに宣言した。

 さや姉の愛称で親しまれる山本は、2010年10月9日に誕生したNMB48結成当初からの絶対的エース。シングル全19作の選抜メンバーで、センターは卒業シングルとなる「僕だって泣いちゃうよ」(10月17日発売)を含む13回(Wセンター含む)。15年にはNHK連続テレビ小説『あさが来た』の主題歌に採用されたAKB48「365日の紙飛行機」のセンターに抜てきされた。16年10月に1stアルバム『Rainbow』でソロデビュー。同年末の『NHK紅白歌合戦』の視聴者投票企画「夢の紅白選抜」では1位に輝いた。総選挙最高位は第8回の4位で、ここ2年は参加を辞退していた。

 先月27日には卒業コンサート『SAYAKA SONIC ~さやか、ささやか、さよなら、さやか~』を開催。1度は失った音楽への夢をNMB48加入で取り戻したことを明かし「この8年はNMB48に全てを捧げて生きてきました。NMB48に入ってよかったです。心からそう思っています」と心境を語っていた。

最終更新:11/7(水) 4:25
オリコン

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ