ここから本文です

力走 実る秋 ぐんまマラソンに1万5246人 ロンブー亮さん、にしおかすみこさんもフル挑戦

11/4(日) 6:02配信

上毛新聞

 埼玉・所沢北高で陸上部に所属。インターハイに出場する実力はなかったというが、卒業後も趣味で走り続けている。走法にこだわりはないが、「走るのが好き。好きじゃないと続けられない」と、ひた向きに努力を重ねてきた。

 目標は35分台を出すこと。今後も連戦になるが構わない。「出たい大会がたくさんあるから」(中里圭秀)

◎ロンブー亮さんフル挑戦…地元の参加者サポート

 ランニング情報番組「ラン×スマ~街の風になれ~」の企画で、番組司会者の「ロンドンブーツ1号2号」の田村亮さんがフルマラソンに挑戦した。「街中より田舎の自然のあるコースの方が好き」と上州路を楽しんだ。

 田村さんは2015年横浜マラソンの完走を皮切りに各地のフルマラソンに挑戦し、今回で5度目。「もともと走るのが嫌いだが、今では気持ち良くなっている。タイムは考えず、気持ち良く走ろうとみんなに伝えたい」と意気込む。地元の一般女性をサポートしながらゴールを目指した。

 番組はNHKのBS1で12月22日午後6時から放映予定。

◎一世を風靡した自己紹介で笑い…フルに参戦のにしおかすみこさん

 タレントのにしおかすみこさんが、フルマラソンに参加した。開会式では「にしおか~すみこだよ~」と、一世を風靡(ふうび)したお決まりの自己紹介で笑いを誘った。初めて走った上州路だったが「走りやすい秋晴れだった。皆さんに声を掛けていただいて楽しかった」と喜んだ。

 この日のコンディションは「超元気」。スタート地点では「頑張って」とランナーとハイタッチしてから出発。走っていると周囲の走者から「にしおか~」と振られ、「すみこだよ~」と笑顔で応じたという。「一番名前を言ったマラソン大会かも」とうれしそうな表情を見せた。

 マラソンが趣味で、市民ランナーとして走るようになったのは10年ほど前から。自己ベストは3時間5分35秒。ゴール地点でもランナーを笑顔で迎え、写真撮影にも快く応じていた。

◎子どもの姿見て「私も頑張れた」…リバーサイド参加の横塚沙弥香さん

 みどり市出身のタレント、横塚沙弥加さんはリバーサイドジョギングに参加。中学時代は陸上部に所属し、正田醤油スタジアム群馬で走ったことがあるという。「懐かしい感じがした。さまざまな世代の人と一緒に走れて楽しかった」と満面の笑みを浮かべた。

3/4ページ

最終更新:11/4(日) 6:02
上毛新聞

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ