ここから本文です

ソフトバンクが五十嵐に戦力外通告 現役続行を希望「現役を望んでいる」

11/4(日) 13:45配信

Full-Count

「来年の構想から外れていると話をしました」

 ソフトバンクの五十嵐亮太投手が4日、球団から戦力外を通告された。日本一に輝いた3日から一夜明けて、福岡に戻り、球団から来季の構想から外れていることを告げられた。

【最新版】各球団発表、2018-2019年の引退、戦力外、自由契約一覧

 その後、報道陣に対応し「さきほど球団の方とお話しして、来年の構想外ということで話をしました。僕自身は現役を望んでいるので、そちらに向かって進んでいきたい」と話した。

 今季は椎間板ヘルニアで、春季キャンプに参加できずに出遅れた。その後、戦線に復帰し、1軍で23試合に登板したが、0勝1敗0セーブ2ホールド、防御率4.50と結果を残せなかった。「好きで続けられるわけじゃない。結果が全てなので、結果を出さないと難しくなる」と言う一方で「でもやっぱりまだユニホームを脱ぐわけにはいかない」と語った。

 1997年のドラフト2位でヤクルトに入団し、米MLBのメッツ、ブルージェイズ、ヤンキースを渡り歩き、2013年にソフトバンクに加入。今季でプロ21年目でNPB通算777試合に登板し、60勝38敗70セーブ159ホールドの成績を残している。「トライアウトは受けないわけではない。必要ならば受けますけど、そうじゃなければ、このまま代理人を通じて交渉を進めていくことになる。喜び、悔しさを来年に繋げられる自信はある」と語り、新天地での来季以降の活躍に自信を見せた。

福谷佑介 / Yusuke Fukutani

最終更新:11/4(日) 16:22
Full-Count

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ