ここから本文です

ソフトバンクが城所に戦力外通告 現役続行希望も「家族と相談してから」

2018/11/4(日) 15:32配信

Full-Count

今季は41試合の出場に終わり「それほど驚きはなかった」

 ソフトバンクは4日、城所龍磨外野手に来季の契約を結ばない旨を通告した。球団との話を終え、報道陣に対応した城所は「来季の戦力構想外だと伝えられました。15年間強いホークスでプレーさせてもらえて感謝しかないです。手術も4回受けさせてもらって、感謝しかないですし、それは伝えさせてもらいました」と語った。

【最新版】各球団発表、2018-2019年の引退、戦力外、自由契約一覧

 2003年のドラフト2位でソフトバンクに入団した城所。俊足好守の外野手として活躍し「城所待機中」グッズは人気を博した。昨季はCSファイナルS第3戦でスタメンに抜擢されると、そこで大活躍。チームに勢いを取り戻すラッキーボーイとなった。だが、今季は41試合の出場で打率.167にとどまっており「日本シリーズ後に戦力外が出るのは分かっていたこと。気にしている部分はあった。それほど驚きはなかった」とコメントした。

「家族と相談して現役を続けられるのであれば、続ける道を探っていきたい」と現役続行の希望を示す一方で「自分がやれると思っていても。やれる世界ではないので。必要としてくれるところがあるのであれば、全力でやりたい」とも語っていた。

福谷佑介 / Yusuke Fukutani

最終更新:2018/11/5(月) 17:16
Full-Count

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事