ここから本文です

バイク王5店舗、EVスクーターの新車販売を開始 順次展開を拡大予定

11/5(月) 6:30配信

レスポンス

バイク王&カンパニーは、電動スクーター『XEAM(ジーム)』2機種の新車販売を11月1日よりバイク王5店舗にて開始した。

[関連写真]

ジームは、MSソリューションズ(福岡市博多区)が企画発売したEVスクーターブランド。今回、「notte(ノッテ)」およびその進化版「notte V2」の取り扱いを開始する。

ノッテシリーズはその軽さが特徴。一般的な50ccバイクの重量平均が約75.5kgであるのに対し、ノッテは約64kgで、取り回しのしやすい軽量設計となっている。バッテリーは、コンパクトで着脱可能なリチウムバッテリーを採用。家庭用コンセント(AC100V)からバッテリーやバイクに直接つなげて充電できる。1回のフル充電にかかる電気代は30円(東京電力、定地燃費の場合)ほどで、最高速度はノッテが約40km/h、V2が約43km/h、最大走行距離はいずれも約60kmとなる。

カラーリングはノッテ全6色、ノッテV2は全10色をラインアップ。価格(税別)はノッテが14万7000円、ノッテV2が15万8000円。今回販売を始めるのは、バイク王仙台店(宮城県)・上尾店(埼玉県)・小牧店(愛知県)・寝屋川店(大阪府)・福岡店(福岡県)の5店舗。各店舗には試乗車も用意する。バイク王では今後、順次全国にノッテシリーズの取り扱いを拡大していく予定だ。

《レスポンス 纐纈敏也@DAYS》

最終更新:11/5(月) 6:30
レスポンス

あなたにおすすめの記事