ここから本文です

農場シミュレーション『ファーミングシミュレーター19』のPS4国内版が2019年2月7日に発売決定

11/5(月) 17:11配信

IGN JAPAN

オーイズミ・アミュージオは、農場シミュレーション『ファーミングシミュレーター19』のPS4国内版を2019年2月7日に発売決定した。価格はパッケージ版が6800円(税別)、ダウンロード版が6800円(税込)。

「ファーミングシミュレーター19」画像・動画ギャラリー



『ファーミングシミュレーター19』はスイスのGIANTS Softwareが製作する農業シミュレーションゲームシリーズの最新作。農機を使って作物を育てて、収穫した作物を販売するのがゲームの主な流れだ。農業のみならず、林業や畜産業にも挑戦できる幅広さもある。何で生計を立てるかはプレイヤー次第だ。経営手腕を発揮して農作物や畜産物を出荷しまくるのもよし、乗馬などを楽しみつつのんびりと過ごすのもいい。


本作ではグラフィックエンジンを一新し、農機はもちろん天候や風景も前作に比べてよりリアルに表現されている。2つの新しいマップが追加されていているのもうれしい。本作に登場する農機は実在のものを多数収録している。世界最大の農業機械メーカーである「ジョンディア」や日本の「KOMATSU」など300種類以上が用意されているのでリアルな農場経営を楽しめるはずだ。

片岡龍一

最終更新:11/5(月) 17:11
IGN JAPAN

あなたにおすすめの記事