ここから本文です

メイウェザーがRIZIN参戦「世界へ展望を広げたい」 相手は那須川天心に決定

11/5(月) 12:11配信

デイリースポーツ

 ボクシングの世界主要4団体で5階級制覇した41歳のフロイド・メイウェザー・Jr(米国)が5日、都内で会見。12月31日に行われる格闘技イベント「RIZIN.14」(さいたまスーパーアリーナ)に参戦することを発表した。

【写真】 メイウェザー、亀田3兄弟と仲良くパチリ!

 相手は“キックボクシングの神童”那須川天心(20)。メイウェザーが日本で試合を行うのは初めて。

 メイウェザーはボクシングで史上初めて無敗で5階級制覇したレジェンド。圧倒的なスピードと超人的な反応速度を備え、50戦50勝という驚異的な戦績を誇る。

 メイウェザーは「東京に戻ってこられてうれしい。ここ東京には10回くらいきているが、世界の場所の中でも大好き。人々も好き。こうして戻ってきて、もっと頻繁に戻ってきたい。参戦することができることは喜び。まずは大晦日の対戦を楽しみにしてほしいし、素晴らしいエンターテインメントにしたい。これがスタート。どんどん世界へと展望を広げたい」と語った。

 RIZINの榊原信行実行委員長は「新しいことにチャレンジしよう、動きだそうということを共有できたことが、参戦、こういう場につながった大きな理由だと思います。最高の舞台を準備して、RIZINに出て良かったと思ってもらえるよう、世界中の人々を驚かせたい」と語った。

 メイウェザーは「世界で最も稼ぐスポーツ選手」とも言われており、その年収は日本円にして約300億円以上。桁違いの収入を稼ぐ世界のトップスターが、ついに日本の格闘技界に殴り込みをかけた。

 一方、キックボクシングと総合格闘技で無敗を誇る那須川は、9月30日に行われた「RIZIN.13」でRIZINバンタム級GP王者の堀口恭司と対戦。キックルール対決を判定勝ちで制した。

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ