ここから本文です

メイウェザー ファイトマネー10億以上か「100万円の人が1万円ではしない」

11/5(月) 13:21配信

デイリースポーツ

 ボクシングの世界主要4団体で5階級制覇した41歳のフロイド・メイウェザー・Jr(米国)が5日、都内で会見。12月31日に行われる格闘技イベント「RIZIN.14」(さいたまスーパーアリーナ)に参戦することを発表した。

【写真】 メイウェザー、亀田3兄弟と仲良くパチリ!

 メイウェザーはボクシングで史上初めて無敗で5階級制覇したレジェンド。50戦50勝という驚異的な戦績を誇る。

 相手は“キックボクシングの神童”那須川天心(20)。キックボクシングと総合格闘技で無敗を誇る、日本の格闘技界をけん引する若武者だ。

 メイウェザーのファイトマネーについて、榊原実行委員長は「想像にお任せします」と非公表。ただ、「普段100万円もらっている人が1万円で試合はしない。中途半端なお金では成立しない。過去最高のファイトマネーです」と語った。

 メイウェザーのファイトマネーは1試合で100億円を超えると言われており、榊原実行委員長の言葉を受け取れば10億円は超えるとみられる。「世界で最も稼ぐスポーツ選手」と言われており、その年収は日本円にして約300億円以上。桁違いの収入を稼ぐ世界のトップスターが、ついに日本の格闘技界に殴り込みをかけた。

 メイウェザーは「大晦日の対戦を楽しみにしてほしいし、素晴らしいエンターテインメントにしたい」と意気込み。ルールは未定だが、対戦相手の那須川については「強い。負けたことがない。優れたファイターでまずは、称賛したい」とうなずいた。

 一方、那須川は「自分のできることは格闘技を盛り上げること。オファーをもらったとき、すぐにOKしました。自分の人生で最大の出来事。現実になってうれしい。みなさんもびっくりしていると思いますが、僕もびっくりしています。自分のこぶしひとつで世界を変えられることを証明したい」と意気込んだ。

あなたにおすすめの記事