ここから本文です

道重さゆみインタビュー(前) 「本番でしか生まれない何かを見つけられた」舞台

11/5(月) 15:35配信

デイリースポーツ

 元モーニング娘。のリーダーでタレントの道重さゆみ(29)が舞台「SAYUMINGLANDOLL~東京~」を13~18日に大阪・STUDIO PARITITAで行うのに先立ち、5日、神戸市のデイリースポーツを訪れた。2017年に復帰後、活動の主軸になっているこのステージと、約2年4カ月の休養期間について語るインタビュー、その前編をお送りする。

【写真】美貌は変わった?変わらない?休養前の道重とももちのツーショット

  ◇  ◇

 道重は「SAYUMINGLANDOLL」(以下SL)を「ストーリーのあるコンセプトライブのようなショー」と定義する。

 既に10月16~21日、東京・丸の内のコットンクラブで東京公演が行われた新作は、道重演じるヨーコが「いなくなったお母さんを捜して田舎から東京にやって来て、2羽のツバメに出会い、東京を案内されながら最後にお母さんと会うんですけど…その先は見てのお楽しみ」というストーリー。

 タイトル通り「東京」がテーマで、道重は「東京って色んな顔がありますよね。原宿のかわいいポップな顔、銀座のちょっと大人っぽくてオシャレな顔、浅草の古き良き日本の顔…東京の魅力をSLを通して感じていただければ」と説明する。

 道重自身、モー娘。入りのために山口県から上京しており、本作のためにつんく♂が書き下ろした新曲「Loneliness Tokyo」には「つんく♂さんってすごいなって、毎度思いますね。山口からモーニング娘。になって上京した当時の私の気持ちそのままだったので、思いが入りやすく、とても歌いやすい」と、思い入れたっぷり。

 「上京して東京の色んな街に初めて行った時に、すごい、こんなに人が多いんだとか、山口じゃ電車を逃したら1時間待たなきゃならないのに5分ごとに来るとか、1回1回すごく驚いていました」と、上京した当時を振り返った。

 注目は日本の少女文化に大きな足跡を残した“カワイイのルーツ”内藤ルネ(1932~2007年)との本格的なコラボレーション。内藤は特にファッションセンスにおいて、イラストやデザインなどで少女たちに多大な影響を与えた伝説のアーティストだ。

 道重も「内藤ルネさんの世界観は本当に好きで、初めてイラストを見た時にかわいい!って衝撃を受けて。(内藤の描いた)ルネガールに本当に憧れて、いつかルネガールのような衣装を着たいと思っていました」と、大きく影響されている。

 「今回、(舞台の)世界観がルネさんに合う、コラボしたい」と熱望。「念願かなって本当にうれしい」と喜び、「衣装もルネガールをそのまま再現し、ルネさんのイラストも映像でたくさん使っています。ルネさんの世界観をたくさん感じていただきたいです」と、舞台の見どころをアピールした。

 道重はSLという舞台の魅力をこう語る。

 「SLという空気感ができあがってきて、ストーリー、公演もそうだし、空気感も含めて大好きです。リハーサルもけっこう長い期間やって、何回も通しリハをするけど、本番って全然違います。本番でしか生まれない“何か”がある。1曲やるだけでも、リハでの振りを本番でもそのままやるけど、本番だと何か一つスイッチが入るのか、リハでは出なかった表情が出たり、自分なりの表現の仕方とか、皆さんに見ていただいて、とても気持ち良くて初めて出るものです。(その“何か”を)10月にすごく見つけられたし、11月でも出したいし、どんどん仕上げていきたい。1回1回ホントに全力で、できる最大のパフォーマンスをしています。1公演1公演を大切にしたい」

 東京公演を経て、道重は「手応えは正直、ちょっとありますね」と、自信をにじませた。(後編に続く)

 ◆「SAYUMINGLANDOLL~東京~」の今後の日程

 【大阪公演】11月13~18日、STUDIO PARTITA(計8公演)

 【東京追加公演】2019年1月11~20日、コットンクラブ(15公演)

あなたにおすすめの記事