ここから本文です

熊本で働いて欲しい! 奨学金サポート制度

11/6(火) 20:16配信

RKK熊本放送

RKK熊本放送

進学率の上昇や景気低迷といった社会状況を背景に、奨学金の希望者は年々増え、今や学生の半数が利用しているといいます。

就職した後の返還が負担となる現状もある中で、県と企業が返還を支援し、熊本で働く人材を確保しようという制度が始まります。

「県内に就職する若者の奨学金返還を支援する仕組みを創設した」(県の担当者)

新しい制度は、県と企業が奨学金相当額を支給し、熊本で働くことを促すもので、2020年春就職予定の現在大学3年生からが対象です。

例えば、240万円を借りていた場合、県と雇った企業が半分の120万円ずつを、就職後10年間に分けて本人へ支給します。

この制度への期待を示すように、企業向けの説明会には41社が参加しました。

建設業「人手不足なので雇用のプラスになれば」
製造業「借金を背負って働くのは大変。それを一緒になって解決できるのは良い」
製造業「支援企業に手を挙げているということは学生に対するPRになる。ただ、学生が来てくれるかどうかはなかなか…」

来月には、制度の利用を希望する学生の登録を始める計画です。

RKK熊本放送

最終更新:11/6(火) 20:16
RKK熊本放送

あなたにおすすめの記事