ここから本文です

【新日本】内藤 WWEからのオファー断っていた

11/6(火) 16:45配信

東スポWeb

 新日本プロレスの内藤哲也(36)が来年1月4日東京ドーム大会でIWGPインターコンチネンタル王者のクリス・ジェリコ(47)に挑戦することが5日、正式に決定した。この日の会見で内藤はまさかの“途中退席”となったが、雪辱にかける思いは本物。その矜持を示すかのように、6月大阪城ホール大会のジェリコ戦直後には「WWEオファー」を断っていた新事実を明かした。

 新日プロはこの日、再戦を拒絶していたジェリコの意思(本紙昨報)を認めず、年間最大興行での王座戦を強行発表。内藤の希望がかなった形だが、会見にジェリコ不在を知るとヘソを曲げるというなんとも面倒くさい展開になった。

 会見の日程が決まった時点でジェリコのスケジュールも押さえるべきだったと主張し「最近の新日本はそのあたりすっごく雑。新日本が世界に目を向けている、それは素晴らしいことですよ。でも、もっと身近なことや小さなことを丁寧に伝えることも大事なんじゃないかな」と団体を批判。質疑応答の時間を待たずして一方的に退席した。

 この「対世界」という近年の新日プロのトレンドこそ、今回の再戦にかける内藤のモチベーションに大きく関わっている。実は6月のジェリコ戦敗北から約1週間後、内藤の元に世界最大団体・米WWEの関係者から連絡があったという。新日プロとの契約期間に関する質問と、期間終了後にWWEに参戦したいならサポートを約束するといったものだった。タイミング的にも、ジェリコ戦の内容がこの事実上の“オファー”につながった可能性は高い。

 だが、内藤はこれを即座に断った。「考えるまでもないっすよね。少なくとも俺にとっては、この場所(新日プロ)がすでに世界一のリングなわけですから。それは会場に見に来てくれているお客様にとっても同じことなんじゃないんですか? だから俺には何で新日本がやけにWWEに対抗意識を燃やしたり、世界に目を向けようとしているのか分からない。だったら国内の満足度をもっと上げるべきでしょ」

 普段から口うるさく物申しているのは揺るぎない“団体愛”の裏返し。それが根底にあるからこそ、ホームリングで喫した敗北を世界中に流されたままにはしておけない。「勘違いしてほしくないのは、俺はWWEスーパースターのクリス・ジェリコに興味があって絡みたいわけじゃないから。新日本のリングで俺に勝ったクリス・ジェリコに借りを返したい、それだけですよ」と言い切った。

 世界戦略に傾倒しがちな団体へのアンチテーゼ、そして自身の信念のため。制御不能男が、東京ドームでY2Jへのリベンジマッチに向かう。

最終更新:11/6(火) 16:45
東スポWeb

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ