ここから本文です

イーロン・マスクの「偽アカウント」がビットコイン詐欺 「認証済みマーク」を悪用

11/6(火) 18:45配信

ITmedia ビジネスオンライン

 11月5日、米テスラのCEO(最高経営責任者)で資産家でもあるイーロン・マスク氏の公式Twitterアカウントを装う“偽アカウント”を通じたビットコイン詐欺が発生した。英BBCなどが報じた。

 偽アカウントはマスク氏のふりをし、「1万ビットコインをコミュニティの全員に無料配布します。ビットコインユーザーに対し、過去最高額になる仮想通貨の無料配布をしようと決めました」などと投稿していた。

 そしてユーザーに対し、より多くのビットコインを受け取るために、まずは少額のビットコインを入金するよう促していたという。騙されてビットコインを送ってしまった被害者によると、今のところビットコインが送り返されてきた人はいないようだ。

 この偽アカウントは、別の著名人や企業の公式Twitterアカウントを乗っ取った後に、写真や名前を変更し、あたかもマスク氏の公式Twitterアカウントに見えるよう作り変えられていた。

 Twitterの認証を受けたことを意味する青いチェックマーク(認証済マーク)があったため、マスク氏の本物の公式Twitterアカウントのように見えてしまう。

 また、詐欺ツイートは広告用の「プロモツイート」として投稿されており、より多くのユーザーに拡散しようとしていた。

 現在、問題のツイートなどは既に削除されている。

ITmedia ビジネスオンライン

あなたにおすすめの記事

あわせて読みたい