ここから本文です

<奈良県警>中国から詐欺電話 58歳「かけ子」を逮捕

11/6(火) 22:04配信

毎日新聞

 中国に渡って日本に特殊詐欺の電話をかける「かけ子」を務めたとして、奈良県警は6日、大阪市西成区、無職、北口敬子容疑者(58)を詐欺容疑で逮捕した。国外の「かけ子」の逮捕は珍しく、県警は捜査が及びにくい中国を拠点に活動していたとみて手口や実態を調べる。

 容疑は昨年12月14日、百貨店従業員を装って同県生駒市の女性(90)に、「あなたのカードを使って東京の百貨店でバッグが購入されている」などと電話。女性宅付近で待機していた受け取り役の男らと共謀しキャッシュカードをだまし取ったとしている。その後、女性の口座から40万円が引き落とされた。

 県警生駒署や捜査関係者によると、北口容疑者は当時、中国吉林省延吉市に1カ月弱滞在し、インターネット電話「スカイプ」で日本への電話を繰り返していたという。この事件の捜査で別の仲間が逮捕され、北口容疑者が浮上した。現地の元飲食店にアジトを構え、他にも日本人や中国人計5人前後の仲間がいたとみられる。【数野智史】

最終更新:11/6(火) 22:05
毎日新聞

あなたにおすすめの記事