ここから本文です

【巨人】育成両腕がアピール!田中優150キロ&坂本工2回0封

11/7(水) 6:06配信

スポーツ報知

◆巨人紅白戦 白組5-3紅組=7回特別ルール=(6日、サンマリン)

 巨人の育成投手2人が、宮崎秋季キャンプの紅白戦でアピールした。紅組3番手で登板したサイド右腕の田中優大投手(19)は、宇佐見への初球にいきなり150キロをマーク。2者連続四球と制球を乱したが、味方守備にも助けられて1回無安打無失点。「(四球後に)気持ちを切り替えて投げられました。そこは成長した部分」と手応えを口にした。

【写真】阿部慎之助「最後は捕手」引退覚悟、直訴に原監督快諾

 負けじと力投したのが、白組3番手の坂本工宜投手(24)だ。「持ち味の直球の強さを見せられました。マウンドを降りたら、監督に名前を呼ばれて拍手してもらったのでビックリしました」。6回1死から岸田にボテボテの遊撃内野安打を許すも、2イニングを1安打無失点。宮本投手総合コーチは「(坂本工は)一番支配下に近い選手。本当に楽しみ。いっぱいいますよ宝石が。磨き上げますから。キュッ、キュッ、キュッと」とうれしそうだった。

 両投手とも今は背番号が3ケタだが、原監督は「育成(選手だから)どうのこうのは、あんまり思っていない。みんな横一線。結果が出ると、選手たちにはよりエネルギーになると思いますね」と、さらなるアピールを期待していた。

 ◆田中 優大(たなか・ゆうだい)1999年9月14日、山形・鶴岡市生まれ。19歳。温海小3年で野球を始め、温海中では軟式野球部に所属。羽黒高2年時から投手。3年春は県大会準V、東北大会8強。3年夏は山形大会8強。2017年育成4位で巨人入団。183センチ、75キロ。右投右打。背番号019。年俸250万円。

 ◆坂本 工宜(さかもと・こうき)1994年8月19日、滋賀・高島市生まれ。24歳。関西学院高では外野手で公式戦出場なし。関学大準硬式で投手に転向し、4年春に最多勝、最多奪三振、MVPを受賞。2016年育成ドラフト4位で巨人入団。180センチ、82キロ。右投右打。背番号006。年俸280万円。

最終更新:11/12(月) 2:20
スポーツ報知

あなたにおすすめの記事