ここから本文です

世羅りさが広島県世羅町の世羅警察署で1日署長!「虐待やいじめがこの世から無くなってほしい」

11/6(火) 23:51配信

バトル・ニュース

 女子プロレス団体『アイスリボン』の世羅りさが、広島県世羅町にある世羅警察署で1日警察署長を務めた。

 世羅りさはアイスリボンで2012年にプロレスデビューした声優であり女優でもあるレスラー。2015年からハードコアに目覚め、現在は電流爆破王座“爆女王”の第3代王者に君臨。12月2日には千葉ブルーフィールドで電流爆破の防衛戦を控えている。
 そんな世羅りさは広島県世羅郡世羅町出身であり、現役の世羅町長の実娘。世羅町を世に広めるために様々な活動を日々行っている選手でもある。

 世羅は警察署長を行うために制服に着替え矢野署長より委嘱状を受け取ると、警察官の身だしなみを見て回り、壇上より持ち物をチェックする点検へ。これが終わると、世羅めぐみ幼稚園に移動し、子供達とリレーや玉入れ合戦を行いながら児童虐待やいじめを無くすオレンジリボン運動をPRした。

 一日警察署長を終えた世羅は「この度、2年ぶりに世羅警察署で1日警察署長を務めさせていただきました。幼稚園でふれあった子ども達が本当に可愛くて、虐待やいじめがこの世から無くなってほしいと心から思いました。微力ながら、これからもオレンジリボン運動を1人でも多くの方に知っていただけるよう努力していきたいと思います。そして、子ども達や警察署の皆様と11日のせらリボン4にてベルトを獲ると約束をしたので、その方々の為にも11日はタッグベルトを必ず奪取します!そして、次回は二冠王として一日警察署長をやらせていただきたいです!」と、11日に世羅町大見自治センター体育館で行われる王座戦への意気込みを語った。

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ