ここから本文です

スマホチェックインだけで航空機内に搭乗できる新サービス、JALとKDDIが次世代通信規格「5G」で実現へ

11/6(火) 14:30配信

トラベルボイス

日本航空(JAL)とKDDI、KDDI総合研究所の3社は、次世代通信規格「5G」を活用した航空サービスの実証実験を開始する。旅行者が専用アプリで事前チェックインをおこなうと、搭乗ゲートでは自動的にその情報を検知・認証し、搭乗ゲートを通過可能になる仕組み。旅行者はゲートでスマホを取り出す必要がなくなる。

また、ラウンジなどでの高精細映像の配信も実施。空港内の旅行者の滞在位置を5Gを活用して把握し、その位置からゲートまでの道順や搭乗予定時刻の案内情報を配信する取り組みもおこなう。

5Gとは、2019年以降に日本に順次導入予定の通信規格。現在、携帯電話の電波として提供されている「4G」と比較すると高速・大容量は約20倍となり、4KやVRといった高画質映像などがストレスなく視聴用できるようになる。

今回の実証実験では、JALが先ごろ開設した「JAL Innovation Lab」内に空港施設を模した施設を再現し、実証の利用状況を想定した検証をおこなう。

最終更新:11/6(火) 14:30
トラベルボイス

あなたにおすすめの記事