ここから本文です

「星空列車」冬の週末に臨時運転 秘境・奥大井湖上駅で星々を観察 大井川鐵道

11/6(火) 17:44配信

乗りものニュース

千頭~奥大井湖上間を往復

 静岡県で大井川沿いに走る大井川鐵道は2018年11月6日(火)、特別臨時列車「星空列車」を運転すると発表しました。

【写真】接岨湖畔にたたずむ奥大井湖上駅

 静岡県の川根本町は、環境省主催「全国星空継続視察(スターウォッチング・ネットワーク)」において、「一般参加団体による写真撮影結果において夜空の明るさが星の観察に適した場所」の全国第2位(2006年度夏期)に選ばれています。井川線はそのような川根本町を走っていることから、今回、星空観察のための臨時列車が運転されます。概要は次のとおり。

●運転日
・12月7日(金)、8日(土)
・2019年1月11日(金)、12日(土)
・2月8日(金)、9日(土)
・3月8日(金)、9日(土)

●運転区間と時刻
・千頭16時53分発→奥大井湖上18時01分着/19時00分発→奥泉19時40分発(降車のみ)→千頭20時05分着
・奥大井湖上駅で約60分の星空観察

●「星空特別乗車券」(子ども半額)
・千頭~奥大井湖上間往復:1420円
・千頭→奥大井湖上→奥泉:1070円

 大井川鐵道によると、「星空列車」の行き先である奥大井湖上駅は、周囲に民家がなく明かりも少ないため、星空観察に適した場所といいます。「星空列車」は予約制ではなく座席は自由席です。飲食物の提供や星空の解説はありません。大井川鐵道は「澄み切った夜空にまたたく満天の星を眺め、心静かなひと時をお過ごしください」とし、暖かい服装と懐中電灯持参での利用を呼び掛けています。

乗りものニュース編集部

あなたにおすすめの記事