ここから本文です

筆談で聴取...母親遺体放置49歳男 約40年ひきこもり状態

11/6(火) 17:47配信

ホウドウキョク

ホウドウキョク

自分の母親の遺体を自宅に放置した疑いで、49歳の男が逮捕された。

男は、長年引きこもりの状態で他人とほとんど会話ができず、取り調べは筆談で行われている。

無職の中元勝容疑者(49)は、10月中旬、神奈川・横浜市金沢区の自宅に、同居していた76歳の母親の遺体を放置した疑いが持たれている。

中元容疑者は、およそ40年間にわたって自宅に引きこもり、他人とほとんど会話ができない状態で、取り調べは筆談で行われているという。

近所の住民は、「話したことない。全然知らない、息子がいたの。(中元容疑者の母親を)最近は見てなかった」と話した。

自宅を訪ねてきた妹が遺体を発見し、事件が発覚したもので、調べに対して中元容疑者は、「妹が来てくれると思っていた」と供述している。

FNN

最終更新:11/7(水) 12:50
ホウドウキョク

あなたにおすすめの記事