ここから本文です

インテルMFナインゴラン 重傷を負わせたバルサFWラフィーニャへ冷たい謝罪

11/6(火) 19:58配信

SPORT.es

日本時間7日(水)に行われるFCバルセロナ対インテルの一戦は、ラフィーニャ・アルカンタラとラジャ・ナインゴランにとって、2015/16シーズンのチャンピオンズリーグ ローマ対バルサの一戦で、ラフィーニャが重傷を負ってから、3年ぶりに対戦することとなる。

ナインゴラン 重傷を負わせたラフィーニャへ冷たい謝罪

ラフィーニャは、ナインゴランの激しいスライディングを受けた結果、右膝の前十字靭帯を断裂し、およそ7ヶ月の離脱を強いられた。

過度なプレーであったが、驚くべきことにミッドフィルダーは、その瞬間も、その後にも謝ることはなかったようだ。

ナインゴランは最終的にツイッターと、ワッツアップ(無料通信アプリ)の電話機能を使用してラフィーニャに謝罪し、彼の気遣いはここで終了した。
ラフィーニャのリハビリ期間中に、彼の状態を気にするやり取りは一切なかったようだ。

一方、ラフィーニャはナインゴランに対しては何も言わず、ピッチに戻るために膝のリハビリにだけ集中して取り組んだ。

今回の試合で、両者は先発で出場し、ジュゼッペ・メアッツァのピッチ中央で、戦うことが予想されている。
ラフィーニャには学んだものがあり、ナインゴランの激しいプレーには注意して試合に臨むだろう。

(文:SPORT)

最終更新:11/6(火) 19:58
SPORT.es

あなたにおすすめの記事