ここから本文です

ベストナインを予想する 巨人の若き主砲・岡本の初受賞なるか【セ編】

11/6(火) 11:40配信

Full-Count

実績ある選手が順当に成績を残した今年のセ

【捕手】
會澤翼(広)率.305 RC63.04
106/103試 315打96安13本42点0盗

梅野隆太郎(神)率.259 RC52.67
132/132試 386打100安8本47点5盗

中村悠平(ヤ)率.211 RC28.98
123/123試 341打72安5本26点2盗

 規定打席には届かなかったが、13本塁打、打率.305の広島・曾澤翼で決まりだろう。

【投手】勝利数上位5人
菅野智之(巨)
28試15勝8敗 202回 率2.14

大瀬良大地(広)
27試15勝7敗 182回 率2.62

ガルシア(中)
27試13勝9敗 168回2/3 率2.99

東克樹(De)
24試11勝5敗 154回 率2.45

ジョンソン(広)
24試11勝5敗 144回2/3 率3.11

メッセンジャー(神)
24試11勝7敗 173回2/3 率3.63

 沢村賞の巨人菅野智之が文句なしに選出されるだろう。

◯2018年ベストナイン予想 数字は選出された場合の通算選出回数

一塁手 岡本和真(巨人)初
二塁手 山田哲人(ヤクルト)4度目
三塁手 宮崎敏郎(DeNA)2度目
遊撃手 坂本勇人(巨人)4度目
外野手 丸佳浩(広島)4度目
外野手 筒香嘉智(DeNA)4度目
外野手 鈴木誠也(広島)3度目
捕手 曾澤翼(広島)2度目
投手 菅野智之(巨人)3度目

こうしてみると、初選出は巨人・岡本和真だけということになる。今季のセは、実績ある選手が順当に実力を発揮したといえるだろう。

広尾晃 / Koh Hiroo

2/2ページ

最終更新:11/6(火) 12:04
Full-Count

あなたにおすすめの記事