ここから本文です

WEST浜田崇裕、なで肩を披露「唯一の取りえ」

11/6(火) 15:57配信

日刊スポーツ

ジャニーズWEST浜田崇裕(29)が6日、東京グローブ座で行われた主演舞台「歌喜劇/市場三郎~グアムの恋」(7日初日)の公開稽古に出席した。

【写真】ジャニーズWEST浜田崇裕「市場三郎」続編主演に

16年に上演した舞台「歌喜劇/市場三郎~温泉宿の恋」の続編。「続編を楽しみにしていたので、決まった時は大喜びしました。すごくうれしいです」と喜んだ。舞台はアカペラの音楽劇で、「歌に関しては大変です。アカペラの難しさに気づきました。音を頭の中に入れるために、四六時中音を聴いていました」と明かした。

今作の舞台はグアム。上半身裸になって海で泳ぐシーンもあり、ジャニーズ事務所のタレントの中でも屈指と言われる、なで肩を披露している。「なで肩は僕の唯一の取りえだと思っているので」と言うと、ヒロイン役の大和田美帆(35)からは「唯一ってことはないでしょ」とフォローされた。「でも、実は服を着たほうがなで肩が目立つので、裸のままのほうがいいのかなと思いました」と笑った。

最終更新:11/7(水) 23:36
日刊スポーツ

あなたにおすすめの記事

あわせて読みたい