ここから本文です

小池徹平、TBS「大恋愛」第2章キーマンに 主人公と同じ若年性アルツハイマー

11/7(水) 5:00配信

スポニチアネックス

 俳優の小池徹平(32)が、放送中のTBSドラマ「大恋愛~僕を忘れる君と」(金曜後10・00)に、物語後半のキーマンとして出演する。

【写真】デスノートのL役に挑む小池徹平

 主演の戸田恵梨香(30)演じる若年性アルツハイマーを患った女医・尚と、ムロツヨシ(42)演じる優しい恋人の元小説家・真司のカップルが繰り広げる切ない純愛物語。9日放送の第5話で2人が結婚し、第1章が完結する。16日からの第2章の鍵を握る男が小池演じる松尾公平。小池は「尚と真司が築き上げた関係を、僕が間に入って、いい感じにかき回すという…ステキな役です」と笑みを浮かべる。

 尚と同じく、若年性アルツハイマーを患う公平。病気が分かったとたんに妻に逃げられ、生きがいである保育士の仕事も失いそうになり、孤独な療養生活を送る毎日。尚の前では笑顔を見せるが、その裏で何を考えているか分からない、謎めいた一面を持っている。

 小池にとっても新たな挑戦。「若年性アルツハイマーで、さらに人としての暗い部分やちょっと変わった部分もあるという難しい役。しっかり考えて作っていかないと伝わらないとも感じていますが、同時に、凄くやりがいのある役」と充実感たっぷりに話している。

 コメディー俳優として人気のムロが、二枚目の男を演じる意外性などで話題の作品。初回放送後の見逃し配信の再生数がTBSドラマ史上1位となる167万回を記録し、視聴率は第3話まで右肩上がりで上昇した。小池という新たなスパイスを加え、さらに注目度が高まっていきそうだ。

あなたにおすすめの記事