ここから本文です

ソウルの名門女子高前教務部長を逮捕…双子の娘に試験問題流出=韓国

11/7(水) 16:53配信

WoW!Korea

双子の娘に試験前に問題を教えた容疑で逮捕状が請求されていた韓国・ソウルの名門女子高・淑明(スンミョン)女子高校の前教務部長A(53)が拘束された。

 ソウル中央地裁イム・ミンソン令状専担部長判事は去る6日午後、「犯行の特性、被疑者と共犯との関係、収集された証拠資料および捜査経過に照らす際、証拠隠滅の恐れがあり拘束の相当性も認められる」としてAに対する逮捕状を発布した。

 この日午前、拘束前被疑者尋問のため法廷に出廷したAは「疑惑を否認したが悔しい点があるのか」、「コンピュータを交替した理由が何か」、「問題が書かれたメモが発見されたことをどう思うか」等を尋ねる取材陣の質問に「法廷で話す」との言葉のみ残した。

 Aは自身が教務部長として在籍していた淑明女子高校で、2学年の双子の娘に定期試験問題と回答を教えた容疑を受けている。

 捜査している水西(スソ)警察署は「事案が重大で、流出の状況を多数確保したが、犯行を否認しており、逃走・証拠隠滅の恐れがある」として2日、逮捕状を申請した。

 試験問題流出疑惑は普段は中・上位圏だった双子姉妹の成績が突然、上昇したことで発覚した。実際、姉妹は1学年1学期に全校59位と121位レベルの成績だった。だが2学期にはそれぞれ、理系全校5位、文系全校2位に急浮上していた。そして今年には文系・理系で1位をとった。

 今年8月31日にソウル市教育庁から捜査依頼を受け捜査に着手した警察は現在までにAと双子姉妹、前校長・教官、考査総括教師の6人を立件し、27人の関係者を相手に参考人調査を展開した。

 Aの身柄を確保した警察はAと双子姉妹ら重要被疑者の調査を、大学修学能力試験(日本のセンター試験に該当/11月15日)前には終了させる方針だ。

最終更新:11/7(水) 16:53
WoW!Korea

あなたにおすすめの記事