ここから本文です

志田未来、舘ひろし&神田正輝から「師匠」と呼ばれ恐縮至極

11/7(水) 13:39配信

オリコン

 俳優の舘ひろし演じる刑事と神田正輝演じるジャーナリストが、真実を暴くという共通した目的を抱き、時に反目し合い、時に強い絆をにじませる、NHK・BSプレミアムのドラマシリーズ『クロスロード3 群衆の正義』(12月2日スタート、毎週日曜 後10:00、全4回)の試写会が7日に東京・渋谷の同局で行われ、舘、神田、志田未来、神田穣らが取材に応じた。

【写真】褒められ照れ笑いを浮かべる志田未来

 2016年2月に第1弾『クロスロード』(全6回)、17年5月に第2弾『クロスロード~声なきに聞き形なきに見よ~』(全6回)を放送。第3弾では、2人がインターネットに潜む難事件に挑む。

 第3弾のキーパーソン、見崎茜を演じる志田は、撮影現場で舘や神田正輝から「師匠」と呼ばれていたそうで、この日も舘は最初のあいさつで「志田未来さんとは、『なるようになるさ』というドラマで(2013年、TBS系で放送)ご一緒して、その時から『師匠』と呼ばせていただいています。今回、神田(正輝)も引っ張られて、良い芝居しています」と言っていたほど。

 志田と一緒に演じていると「お芝居が上手になった気になっちゃって」というのは舘と神田正輝の共通意見。2016年に石原プロモーション次世代スター発掘オーディションでグランプリを受賞し、『クロスロード2』で俳優デビューした神田穣に至っては、「同年代の女優さんと初めての共演で、志田さんの演技に引き込まれました。俳優2年目でご一緒できて今後のターニングポイントになる経験ができ、宝物になりました」と仰々しかった。

 大の大人3人に「師匠」と呼ばれて、志田は「うれしいのですが、正直困っているんですけど…」と、笑うしかない状況。「愛のあるいじりでかわいがってくださって。安心感ある現場でした」と話した。

 全4回の中で、志田と神田穣のラブシーンもあるそうで、「見どころです」(志田)と話していた。

最終更新:11/8(木) 14:25
オリコン

あなたにおすすめの記事