ここから本文です

『ミスマガジングランプリ』沢口愛華、主演舞台に「葛藤する部分までも見てほしい」

11/7(水) 14:57配信

オリコン

 タレントで『ミスマガジン2018』グランプリになった沢口愛華が7日、都内で行われた舞台『劇団ミスマガジン2018 ソウナンですか?』舞台あいさつに出席。自信が演じる役について「葛藤をしている部分までも見てもらいたいです」と意気込んだ。

【全体ショット】意気込みを語った劇団ミスマガジン

 同舞台は漫画『ソウナンですか?』(原作:岡本健太郎 漫画:さがら梨々)が原作。『女子高生×無人島×青春×サバイバル』をテーマに修学旅行で無人島に漂着した女子高生が、生きる希望を見つけ、無事に帰ることができるかが描かれる。主人公・鬼島ほまれを沢口が演じ、『ミスマガジン2018』で準グランプリになった岡田佑里乃ら9人が出演する。

 主演の意気込みを聞かれた沢口は「普段からもすごいけど、みんな個性があるメンバー。役の中でも、心の中と外の自分では性格が違う部分もあって、葛藤する気持ちもあるんですけど、そういうところまで楽しんでもらえたら」と話した。

 三重県出身の岡田は「地方から出てきて練習を頑張ってきました。言葉も練習中ですが、頑張ります」と、会見でも時折なまりが出て、照れ笑いしていた。

 その他、池松愛理、佐藤あいり、寺本莉緒、岡本桃花、倉沢しえり、鈴木ゆうは、農海姫夏も出席した。

 同舞台はきょう7日から11日まで、新宿区・シアターブラッツで上演される。

最終更新:11/8(木) 16:25
オリコン

あなたにおすすめの記事