ここから本文です

広島・丸が国内FA権行使へ「他球団の評価聞いてみたい」

11/7(水) 14:30配信

サンケイスポーツ

 広島・丸佳浩外野手(29)が7日、広島市のマツダスタジアムで会見を開き、国内フリーエージェント(FA)権を行使すると発表した。

 「本日、球団にFA権を行使する意向を伝えました。(決めたのは)きのう(6日)です。プロ野球選手である以上、他球団の評価を聞いてみたい。そういうのを聞く機会はなかなあるものではない。球団からは宣言残留を認めていただいている。いろいろと考えた結果、今日に至りました」

 今年8月に国内FA権を取得し、球団は年俸2億1000万円からの大幅増、複数年契約、FA宣言残留を認める、異例のオファーを提示している。丸自身は「シーズンが終わってからいろいろと考えていました。家族と相談をした。僕の意見を尊重するようなことを言ってもらった」と心境を明かした。

 昨季、セ・リーグMVPに輝いた丸は今季のレギュラーシーズンは打率・306、ともに自己最多の39本塁打、97打点でリーグ優勝に貢献。走攻守をハイレベルでこなす外野手として、ペナント奪還に燃える巨人や出身地の千葉県に本拠地を置くロッテなどが水面下で調査を続けている。

 「(ファンは)常に僕らを応援してくれた。勇気をくれて、本当に感謝している。この後、どうなるかわからないが、ハッキリとした答えを出せるようにしたい」

 今年のFAの申請期限は13日まで。翌14日にFA選手として公示され、15日から交渉解禁となる。

あなたにおすすめの記事