ここから本文です

居心地良い街へ 柏のパブリックスペースを使え!

2018/11/7(水) 12:07配信

ちばとぴ!ニュース

 柏のご当地ゆるアニメ「超普通都市カシワ伝説」の最新話が、柏駅前・柏市街地で放送を開始した。(柏のテガちゃんネル)

 超普通都市カシワ伝説は、市民が制作している柏のご当地アニメ。実在する柏を舞台に女子中学生と不思議な生き物たちが、柏の魅力を発信するシュールギャグアニメで、柏市の地域活性化を目的に制作をしている。柏駅前だけでなく、千葉市や木更津市のデジタルサイネージでも放送している注目のアニメだ。

 今回のアニメは、3週間柏駅周辺で社会実験が行われている「PUBLIC LIFE KASHIWA」について紹介している。

◆柏駅周辺を居心地の良い場所へ

 「PUBLIC LIFE KASHIWA」は、柏駅周辺のまちづくりを推進する柏アーバンデザインセンター(通称UDC2)が中心となり、行われている社会実験である。

主な計画は6つ。
1)歩道沿いに憩いの空間を演出する「さいわいリビング」
2)芝生の上にオープンカフェが並ぶ「ちばぎんスクエア」
3)柏駅前に座ったり、寝転んだりできるキットが並ぶ「柏セントラルパーク」
4)通り沿いにフードトラックが設置される「サンサンパークレット」
5)オリジナル屋台を中心にイベントを行う「サンカク広場」
6)講師による社会実験空間の解説・フィールドワークを行う「ミライカイギ」

 これらの「にぎわい」や「人の繋がりを誘発させるイベント」を開催することで、柏駅周辺を居心地よい場所にすることを目指す。

◆実施されているさまざまな企画

PUBLIC LIFE KASHIWA内でも、様々な企画が行われている。

 「まちなかライブラリ」は、各スポットに設定されている本棚だ。
誰かの置いた本を自由に借りて読むことができる企画で、毎日誰かの本が設置され、その誰かの本が誰かの手に渡り、誰かと誰かがつながっていく。

 「屋台づくりワークショップ」では、屋台を1から作る企画だ。板とくぎを使って、実際に屋台をみんなで作っていく。現在、完成した屋台は、サンカク広場に設置されている。

1/2ページ

最終更新:2018/11/7(水) 12:07
ちばとぴ!ニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事