ここから本文です

猫の毛づくろいにはルールと理由がある 顔、肩、お腹の順?

11/7(水) 11:02配信

sippo

 猫は、毎日せっせと毛づくろいをします。一生懸命自分の体をなめたり、噛んだりしている様子は、微笑ましくかわいらしいものですよね。このような毛づくろいには、さまざまな「法則」があることをご存じでしょうか。愛猫がどんなときに毛づくろいをしているのか、また、どのように毛づくろいをしているのか思い出してみましょう。ここでは、猫にとって大切な習慣である毛づくろいについて、その意味やルールをご紹介します。

【写真特集】毛づくろいの後はお昼寝 気ままな猫たち

 猫は、顔に限らず、体中のあちこちを自分でなめて毛づくろいをします。こうした毛づくろいは、ごく日常的に見られる猫の行動のひとつですが、実は、この毛づくろいには順番があるのです。愛猫が「どこから、どの順番で毛づくろいをするのか」ご紹介します。

■毛づくろいの順番
 リラックスしているときの猫の毛づくろいは、顔から始まって、後ろ脚へ向かって進んでいくという順番がほとんどです。

1. まずは左右どちらかの前脚をなめて濡らし、頭、耳、耳の後ろあたりをきれいにします。
2. 前脚、肩回りをなめ終えたら、顔を腹側に曲げて、腹、生殖器あたりの毛並みを整えます。
3. 腹側が終わったら、今度は体をひねって、腰や後ろ脚の付け根、尻尾を丹念になめておしまいです。

 猫の毛づくろいはなめるだけではありません。そこには、以下のようなテクニックが隠されています。

■古くなった爪へのテクニック
毛づくろいは、毛だけでなく、爪に対しても行われます。爪が古くなっていたら、歯ではがして取り除いてしまいます。

■毛をとかすテクニック
毛をとかす際には、歯で噛みながらとかしていきます。

■汚れない指を使う
猫の毛づくろいは、猫が歩くときには使わない「親指」にあたる部分で行われています。地面に着かない指を使うことで、体をしっかりきれいにできるのです。

猫が毛づくろいをする5つの理由

 猫が毛づくろいをしているとき、その目的はおおよそ次の5つのうちのどれかに該当します。

(1)清潔を保つため
 猫はとてもきれい好きですから、人間がシャンプーをしなくても、きちんと自分で体をきれいにします。それだけ、毛が汚いというのは、猫にとっては異常事態です。もしも汚れたままで毛づくろいをしていなかったら、「毛づくろいをする元気もない」ということかもしれませんから、様子をよく観察してみましょう。

(2)体温調節
 寒いときに毛づくろいをすると、毛がふわふわになって断熱効果が高まります。また、反対に暑いときには、体をなめて濡らすことで体を冷やします。

(3)血行促進
 猫の舌はザラザラしているので、丁寧に毛づくろいをすることは「マッサージ」の代わりにもなります。体中を毛づくろいすることで、血行促進効果が得られます。

(4)コミュニケーション手段
 仲の良い猫同士は、コミュニケーションとして互いに毛づくろいをし合うことがあります。猫をなでているときに飼い主の手をなめることがあるのも、こうしたコミュニケーションの一環だといえるでしょう。

(5)嫌いな人のにおいを消す
 嫌いな人に抱かれてしまった後に行われる毛づくろいは、「嫌なにおいを消すため」です。もし、猫を抱いた後で毛づくろいを始められたら、嫌われているのかもしれません。

1/2ページ

最終更新:11/7(水) 11:25
sippo

あなたにおすすめの記事