ここから本文です

オジュウチョウサン有馬記念直行へ オーナー明言

11/7(水) 9:36配信

日刊スポーツ

2年連続で最優秀障害馬に輝き、3日東京の南武特別で平地復帰後2連勝を飾ったオジュウチョウサン(牡7、和田正)が有馬記念(G1、芝2500メートル、12月23日=中山)へ直行することが6日、分かった。長山尚義オーナーが明らかにした。

【写真】オジュウフィーバー!パドックに飾られたオジュウチョウサンの横断幕

南武特別のレース後はジャパンC(G1、芝2400メートル、25日=東京)やステイヤーズS(G2、芝3600メートル、12月1日=中山)をステップにする案もあったが、同オーナーは「和田正師からレース後の疲れがあって、調子が良くないという連絡を受けています。レントゲン等の検査では何も問題がないので、有馬記念に間に合えば、というところ。有馬記念を目指していきます」と説明した。

最終更新:11/7(水) 11:13
日刊スポーツ

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

あなたにおすすめの記事