ここから本文です

陝西からの中国・欧州間列車の運行数、年内で1000本を超える

11/7(水) 6:50配信

東方新報

【東方新報】中国国際放送局(CRI)によると、中国と欧州を結ぶ貨物輸送列車X8001便は10月30日、陝西省(Shaanxi)西安市(Xi'an)の新築駅(Xinzhu Station)から発車し、ラトビアの首都リガ(Riga)に向かって出発した。

 これまで同省から発車する中国・欧州間の列車は1000本を超え、国際列車の路線も11本まで達している。

 X8001便は新疆ウイグル自治区(Xinjiang Uighur Autonomous Region)阿拉山(Alashan)から国境を越え、カザフスタン、ロシア、ベラルーシを経由し、9000キロの道のりを走ってラトビアのリガに到着する。コンテナ41個を載せた貨物の重量は約1000トン。機械類の予備部品、日用品、食品、紡績品などが含まれている。(c)東方新報/AFPBB News

※「東方新報」は、1995年に日本で創刊された中国語の新聞です。

最終更新:11/7(水) 6:50
東方新報

あなたにおすすめの記事