ここから本文です

仮想パッチによるサーバ脆弱性対策サービスにサイバー保険を付帯(NEC、トレンドマイクロ、三井住友海上)

11/8(木) 8:00配信

ScanNetSecurity

日本電気株式会社(NEC)、トレンドマイクロ株式会社、三井住友海上火災保険株式会社(三井住友海上)の3社は11月7日、サイバー保険付帯の「仮想パッチによるサーバ脆弱性対策サービス」を共同開発したと発表した。「サーバ脆弱性対策サービス 仮想パッチ」(1サーバ年額180,000円)と「サーバ脆弱性対策サービス 仮想パッチ&アンチウィルス」(1サーバ年額234,000円)の2種類のサービスで、12月10日よりNECから提供を開始する。今後3年間で5億円の販売を目指す。

同サービスは、トレンドマイクロの総合サーバ セキュリティ対策製品「Trend Micro Deep Security」を活用した、仮想パッチによるサーバ脆弱性対策サービスに、三井住友海上のサイバー保険を付帯したもの。NECが管理サーバをクラウドサービスとして提供するため、管理サーバの構築やメンテナンスの必要はなく、簡単に導入・管理することが可能。

サイバー保険は、万一サイバー被害が発生した場合に、フォレンジック解析などの各種費用や賠償金を補償するもの。補償金額は、仮想パッチが適用された1サーバ・1事故あたり、フォレンジック解析が300万円、賠償金は600万円までとなる。取扱保険代理店はNECファシリティーズ株式会社、引受保険会社は三井住友海上となる。

(吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa ))

最終更新:11/8(木) 8:00
ScanNetSecurity

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ