ここから本文です

『レッド・デッド・リデンプション2』を善人プレイで遊んでみた! 人助けに挑むアウトローは、哀れな子羊を救えるのか?【プレイ日記】

11/8(木) 19:00配信

インサイド

前作での刺激的な善人(風味)プレイが忘れられず、待望の続編『レッド・デッド・リデンプション2』でも善人(自称)プレイに挑んでみたプレイ日記。第二回目は、ギャングの拠点がホースシュー高台へと移り、いよいよ本格的な活動が始まります。

【関連画像】

【関連記事】
『レッド・デッド・リデンプション2』で善人は生き残れるのか!? 無法者が歩む無謀なチャレンジの第一歩【プレイ日記】
https://www.inside-games.jp/article/2018/11/05/118528.html
なお、メインストーリーの重要な点については触れませんが、大まかな展開やサブイベントの内容などのネタバレを含む箇所があります。未プレイの方やネタバレが気になる人はご注意を。また、衝撃的な画像も含まれていますので、18歳未満の方は閲覧をご遠慮ください。

◆困ってる人を救いたい! 助けを求める声に応えたい! 西部劇の無法者が荒野を(無力に)生きる

プレイ開始直後から善人プレイが危ぶまれる(と勝手に訝しんだ)場面もあり、また登場人物の命を左右する選択も早速乗り越えて、ここから善人アーサーの自由な日々が始まります。もちろん、仲間を守り弱きを助ける方針で突き進むので、“何でも出来る自由”とは異なりますが、そもそも“何をしてもいい”のが自由じゃない! 真に自由とは、“どの不自由にするかを選択できる状態”だと思うので、善人プレイもその形のひとつと言えるでしょう。


そんな善人アーサーの朝は、薪割りから始まります。人の嫌がることを進んで行う。地味な行いですが、やはり大事なことです。しかし、アーサーが属するダッチギャングが抱える目下の問題点は、資金の乏しさ。お金が全てではありませんが、お金がなければ全てがありません。狩りの獲物で稼ぐこともできますが、町に出れば金儲けの話にも出会えそう。そんなわけで、仲間と一緒に早速出稼ぎです。



すると、馬に逃げられた御者が難儀していたので、逃げ出した馬を確保して持ち主の元へ。早速「あんた紳士だな!」と、労いのお言葉をいただきました。仲間の女性陣からも賞賛を受け、善人アーサーの出だしはなかなか順調です。


さあ、新しく訪れたこの町で、平和かつ穏やかな資金稼ぎに勤しむぞ!


…その直後に、どうしてこうなった。

いやその、町中で急に難癖をつけられたので、その男性を追いかけたら勝手に崖から落ちそうになってるだけなんですけどね! 決してアーサーが突き落とそうとしたわけじゃないんです。善人だからもちろん助けるに決まってるよ!



命を救われたおかげか、握手を求めてくる男性。大したことをしたわけじゃないので、なんだか照れくさいですね。そんな善人アーサーが、ポツリと一言。


「あんたも殺すべきだったかもな」

大丈夫です、みなさん。これはきっと照れ隠し。そんなアーサーの気持ちが伝わったのか、彼も誠意を込めた言葉を残して去っていきました。


状況から判断するに、一件落着と断言して良さそうです。なのに、若干心が痛むのはなぜだろう。この出会いと別れが、今後新たな展開に発展するのかどうか、白紙の未来を気にしつつも善人アーサーの日々は目まぐるしく過ぎていきます。


酒場に寄れば喧嘩に巻き込まれ。



借金の取り立てにいけば、男女の悲しい顛末を突きつけられ。



無実(自称)を訴える男性を助けたら、指名手配されてしまい。


なんだか、出だしから壁にぶつかった感のある善人アーサー。生きるってなんなんだろう…。酒場の乱闘は仲間の加勢でしたし、借金の取り立ては(利率は分かりませんが)ちゃんと貸したお金なので問題はない、はず。自分の不利益も厭わず執行官に立ち向かったのも、弱きを助けるため(と信じて)。どの行動も、目指す善人プレイからかけ離れてはいないはずなのに、もたらされた結果は苦い…現実は手強いです!

次のページ:善人アーサー、賞金首を追いかける


しかし、この厳しい社会に善人で立ち向かう手強さは覚悟済み。大事な仲間と無辜で善良な人たちにとって、より良い世界にすべく、今度は賞金首に挑戦します。悪質な薬を売りつける詐欺師は、捕まえた方が世のためです。ついさっき指名手配にされた過去は忘れる方向で!この世界、お金で解決できるトラブルもあるんです。

目撃情報に従って向かってみると、なかなか風光明媚な場所で、動物たちの姿もちらほら。本作では定期的な食事が欠かせないので、軽く狩りもしてみようかなとリピーターを使ったら…。


銃声で賞金首が怯えて失敗ってどういうこと!? 悪党ならもっと悪党らしくしてー! まあ、追っ手に怯える気持ちも分からなくはありませんけど(体験談)。



気を取り直して、再び賞金首の確保に挑戦。って、お前も崖から落ちかけるのかよ! 悪党でも、こんな形で命を散らせるわけにはいきません。とんだ苦労もありましたが、牢屋まで護送完了。少しずつ名誉ゲージが増えていますが、現段階ではまだまだです。善人の道は一歩から!


この調子で世界を良くしていこうと、困ってる人がいないか探索に出かけます。現実的に考えれば、困っている人がいない方いいんですが、誰かを助けないと善性を示すことができません。さあ、誰か困れ! 助けるから! 善からほど遠い発言。


そんな願い(?)が通じたのか、点々とした血痕を発見。なんだかトラブルの予感を覚えます。目の前の坂を下った先には、善人の助けを必要とする哀れな子羊がいるに違いありません。いざ行かん!


…えっ?


これは…ちょっとダメですね…。


善人が出来る範疇を超え過ぎだよ! 確かに哀れな子羊だったけどさっ!

そんな叫びに答えてくれる声もなく、荒野にはただ風が吹くだけ。幸い…と言っていいのかどうかは分かりませんが、殺人犯の手がかりは見つかったので、代わりに報復することを誓い、無力な善人はその場を立ち去りました。ちなみに、ロープを撃ち抜いて地面に降ろして(正確には落下)はおきましたが、埋葬などは出来ないのでそのまま。なんだか余計なことしたみたいでゴメン…。


──善人の道は、まだまだ険しい。

最終更新:11/8(木) 19:00
インサイド

あなたにおすすめの記事