ここから本文です

チルドレス再加入の三遠、太田敦也の自負「僕が一番のキーになるんじゃないか」

11/8(木) 16:05配信

バスケット・カウント

老獪なプレーで勝利に貢献

文=丸山素行 写真=B.LEAGUE




三遠ネオフェニックスは昨日、横浜ビー・コルセアーズと対戦し、終盤に3点差まで迫られるも逃げ切りに成功した。インサイドで主導権を握ったことで、内外バランスの良いオフェンスが展開でき、今シーズン最多得点となる97点を奪うハイスコアリングゲームを制した。

太田敦也は「出だしが悪かったんですけど、控えのメンバーが流れを良くしました。アタックした中でインサイドのファウルがこみ、そこから流れを作っていけたのが良かったです」と試合を振り返った。

太田が言うように、立ち上がりは決して良いとは言えず、第1クォーター残り4分には、ジャボン・マックレアに得点を許し16-24と突き放されかけたシーンもあった。だが、ここで太田が巧みなポストプレーでマックレアから2つ目の個人ファウルを誘発してベンチに追いやるとともに、フリースローも決めて悪い流れを断ち切った。その後、ウィリアム・マクドナルドが11本すべてのシュートの成功させるなど、ロバート・ドジャーも含めたインサイド陣が横浜を上回り、主導権を握った。

「前半は良い感じに攻めることができ、ゴール下で2本くらい決めました。でもそこに固執するとうまく行かなくなってしまうし、中と外というバランスが一番相手が嫌がるので」と太田が言うように、ペイントでの一辺倒になるのではなくインサイドアウトを繰り返し、ゾーンを無効化したオフェンスが効果的だった。

「少しでも確率の悪いシュートを打たせられれば」

太田は17分間のプレータイムで4つのファウルを誘発。アマンゼ・エゲケゼはファウルアウトし、マックレアとエドワード・モリスがともに3ファウルと、インサイド陣を揃ってファウルトラブルに陥れた点も大きな貢献だった。その一方で太田自身のファウルはなく、安定してゴール下を守った。さらに3ブロックで横浜に立ちはだかった。

ブロックショットについて触れると、「できたらいいなくらいで、ブロックする気はそんなにないんですよ」と笑顔で答えるのに驚く。確かに昨日は3ブロックを記録したが、ここまで12試合でブロックは一度も記録していなかった。

「僕がチェックすることで、少しでも確率の悪いシュートを打たせられればいいなっていう気持ちでやっているので」と太田はその言葉を説明する。確かにブロックショットは豪快でインパクトのあるプレーだが、ファウルになるリスクもつきまとう。タフショットを打たせる行為の延長にブロックショットがあることを、太田は深く理解している。

「能力がないのでそれしかできないです(笑)」というのは、太田らしいご愛敬だ。

1/2ページ

あなたにおすすめの記事