ここから本文です

米中間選挙が終了 台湾との友好に「影響なし」=外交部

11/8(木) 16:05配信

中央社フォーカス台湾

(台北 8日 中央社)米中間選挙が台湾時間7日に投開票されたのを受け、外交部(外務省)は8日、台湾の長きにわたる友人の多くが再選したことに喜びを示した。今回の選挙結果については、米議会の台湾に対する友好的な姿勢に影響を及ぼさないとしている。

今回の選挙で、上院は共和党が過半数を維持したが、下院は民主党が8年ぶりに過半数を奪還、新議会は上下院で過半数が異なる「ねじれ議会」となる。これについて外交部は、台米関係はこれまで上下院共に党派を超えて支持を得てきたと言及。米議会とは今後も党派を問わず、積極的に交流を深めていくとの方針を示した。今回初当選した新議員とも接触を図っていくという。

(侯姿瑩/編集:楊千慧)

あなたにおすすめの記事