ここから本文です

大島大橋衝突・貨物船船長に罰金50万円

11/8(木) 20:31配信

tysテレビ山口

tysテレビ山口

山口県の大島大橋に衝突した貨物船のインドネシア国籍の船長が、岩国簡裁から罰金50万円の略式命令を受けました。略式命令を受けたのはインドネシア国籍のヨハニス・ベンジャミン船長(44)です。柳井海上保安署は船長を含む3人が先月22日午前0時半ごろ、貨物船を大島大橋に衝突させて壊し、送水管を切断して海面に落下させ、船の往来に危険を与えたとして書類送検していました。岩国区検はきょう付けで船長を業務上過失往来危険の罪で略式起訴し、岩国簡裁が罰金50万円の略式命令を出しました。罰金は即日、納付されました。同じく書類送検されていたインドネシア国籍の2等航海士と、フィリピン国籍の甲板手の2人は不起訴処分となりました。

あなたにおすすめの記事