ここから本文です

16歳コーヒー焙煎士として生きる 「できない」が多い中学時代越え「障害は気にならない」

11/9(金) 7:00配信

withnews

【#withyou ~きみとともに~】
 やりたいことが見つからない。居場所がない。そんな悩みを持つ人は多いのではないでしょうか? 小学3年生で発達障害と診断された岩野響(ひびき)さん(16)は、中学校での生活が合わずに不登校になったとき、何もやることがなくて焦りを感じていました。思いつくままに試していった結果、自分のやりたいことを見つけ、今はコーヒー焙煎士(ばいせんし)として生きています。(withnews編集部・河原夏季)

【写真】16歳のコーヒー焙煎士・岩野響さんの素顔 自然に囲まれた「LABO」で焙煎、洋服作り……

「できない」ことが多かった

 群馬県桐生市の街を一望できる高台に、岩野さんのお店「HORIZON LABO(ホライズンラボ)」はあります。2017年4月、自宅の倉庫を改装してお店を作りました。お店での販売はしておらず、焙煎したコーヒー豆は、通信販売や群馬県・東京都内のお店で扱ってもらっています。

 コーヒーに出会うまでは、「できない」ことが多い人生でした。

 小学校のときは、授業中に落ち着いて座っていることができませんでした。中学校に入学すると、黒板の字をノートに書き写すことも、宿題を進めることもできませんでした。各科目で出される多くの課題を、期限内に提出するということが苦手でした。

 「担任の先生は、『宿題を1週間後に出してみる?』『友達のノートを写してみる?』と言ってくれました。でも、友達の助けがないとまともにできないんだと、とてもショックを受けました」

「学校は合わない環境」

 岩野さんは小学3年生のときに、発達障害のひとつ、アスペルガー症候群と診断されていました。ですが、医師からの勧めもあり、両親から岩野さん本人に伝えられたのは中学1年生のときです。

 ◇ ◇ ◇

ある日、響に伝えました。
あなたには「アスペルガー症候群」という、脳の機能が一部うまく働かない障害があって、そのせいで、他の人には簡単なことでも、できない場合がある。板書の書き写しが難しいのも、それが理由。
――三才ブックス「コーヒーはぼくの杖~発達障害の少年が家族と見つけた大切なもの」岩野響・開人・久美子 著

 ◇ ◇ ◇

 ただ、初めは受け入れることができませんでした。

 できないことがあっても、なんとか学校に行こうとする日々。1年生の秋ごろ、父親から「1日だけでも休みなよ」と言われました。1週間のうち1日だけ休んで、ぽつぽつとは学校に行っていた岩野さんですが、だんだん学校から足が遠のきました。

 「誰でもできることができないのは、自分の努力不足だと思っていました。でも、半年やってもできない状況が続いて、さすがにどうしようもありませんでした。自分を見つめないと、生きていけないと思ったんです。学校は、自分には合わない環境でした」


 しかし、休んだら休んだで悩みが出てきます。

 「『学校という社会に属している岩野響』ではなくなり、居場所や存在意義がないと思いました。学校を休んだ最初の1週間くらいはゲームをして過ごしていましたが、自分って何だろう……と危機感を持つようになりました」

 岩野さんには2人の弟がいます。「2人は朝7時ごろになれば学校に登校する。弟ができることを僕はできない。このままではヤバいという焦りがありました」

 ◇ ◇ ◇

<自閉症スペクトラムの主な特性>

・言葉のコミュニケーションが苦手
言葉の裏にある意味をくみとるのが難しい など
・人と関わるのが苦手(対人関係や社会性の障害)
目を合わせない、空気を読むのが苦手 など
・こだわりや興味に偏りがある
予定が変わるとパニックになってしまう、同じ動きを繰り返す など

*診断基準によっては広汎性発達障害・自閉症・アスペルガー障害などの名前で呼ばれることもあります。――発達障害とは?もし「発達障害かも」と思ったら?イラストで解説!

1/3ページ

最終更新:11/9(金) 11:11
withnews

あなたにおすすめの記事