ここから本文です

<速報>松山英樹、1アンダーで初日フィニッシュ 石川遼は出遅れ5オーバー

11/8(木) 14:29配信

ゴルフ情報ALBA.Net

<三井住友VISA太平洋マスターズ 初日◇8日◇太平洋クラブ御殿場コース・静岡県(7,262ヤード・パー70)>

松山英樹、石川遼のプレーを現地から生配信<初日LIVEフォト>

国内男子ツアー「三井住友VISA太平洋マスターズ」の初日。大会2勝目を挙げた2016年以来の出場となる松山英樹は4バーディ・1ボギー・1ダブルボギーの「69」でラウンドし、1アンダー・16位タイで初日を終えている。

前半を2バーディ・1ボギーの1アンダーで折り返した松山。後半では3番パー3でこの日3つ目のバーディを奪ったが、今年からパー4に変更となった6番(510ヤード)でセカンドショットを池に入れるなど、4オン2パットのダブルボギーを喫する。しかし、上がり3ホールで1つ伸ばし、初日をアンダーパーで滑り出している。

現在、6アンダー・単独首位に秋吉翔太。2打差2位にパク・サンヒョン(韓国)、3打差3位タイに重永亜斗夢、額賀辰徳、タンヤゴーン・クロンパ(タイ)、S・H・キム(韓国)が続いている。

松山と同組で回った宮里優作と金谷拓実(東北福祉大2年)は、それぞれイーブンパー・30位タイ、5オーバー・74位タイでフィニッシュ。2週連続優勝がかかるショーン・ノリス(南アフリカ)は1オーバー・39位タイで競技を終えている。

大会通算2勝の石川遼は、前半を5オーバーで折り返すと、後半でも3バーディ・3ボギーと伸ばせず。この日3バーディ・6ボギー・1ダブルボギーの「75」、5オーバー・74位タイと大きく出遅れている。

(撮影:佐々木啓)<ゴルフ情報ALBA.Net>

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ