ここから本文です

インターコム、「ASPIC IoT・AI・クラウドアワード2018」を受賞

11/8(木) 17:00配信

BCN

インターコム、「ASPIC IoT・AI・クラウドアワード2018」を受賞

表彰を受ける松原代表取締役社長

 インターコム(松原由高社長)は11月7日、ASP・SaaS・IoTクラウドコンソーシアム(ASPIC)が主催する「第12回 ASPIC IoT・AI・クラウドアワード2018」で、オンライン商談ツール「RemoteOperator Sales」が、ASP・SaaS部門支援業務系分野「ASPIC会長賞」を受賞したと発表した。

ASPIC IoT・AI・クラウドアワードは、日本国内で社会に有益なクラウドサービスに対し、総務大臣賞や各賞の表彰を行うことで、クラウド事業者とユーザー企業の事業拡大を支援し、クラウドサービスが社会情報基盤として発展・確立することの一助になることを目的に実施するもの。

インターコムは、1982年の創業以来、「まいとーく」「FALCON」「Biware」などパッケージソフトで数々のヒット商品を生み出してきた。また、市場の変化をいち早く捉え、2007年にリモートソリューションでクラウドサービスを開始、運用管理や働き方改革などさまざまな分野でクラウドサービスの提供を推進している。09年にはASPICから「ASP・SaaS安全・信頼性に係る情報開示認定制度」の認定を取得するなど、常に高品質のクラウドサービスを提供している。

RemoteOperator Salesは、セキュリティー面での高い評価によって金融業界No.1の導入実績をもつ画面共有ツール「RemoteOperator Enterprise」を基に、非対面営業の支援に特化して新たに開発したオンライン商談ツール。今回のアワードでは、営業の働き方改革を実現する優秀なサービスであると評価され、「ASPIC会長賞」を受賞した。

最終更新:11/8(木) 17:00
BCN

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ