ここから本文です

「イッテQ!」ヤラセ疑惑をフジテレビが40分にわたり徹底追及 安藤優子「ちょっと無理があった」

11/8(木) 15:32配信

東スポWeb

 8日放送のフジテレビ系「直撃LIVE グッディ!」は日本テレビ系の人気番組「世界の果てまでイッテQ!」で起こったヤラセ疑惑について40分間にわたり検証した。

 5月に放送されたラオスでの「橋祭り」について、週刊文春が「祭りはデッチ上げ」と報じてヤラセ疑惑が持ち上がった。

 日本テレビは同日、報道各社にファクスで経緯を説明、企画はタイの会社が提案したものとし「誤解を招く表現があった」「番組として真摯に反省すべき点があった」と謝罪した。

 グッディは現地を総力取材。住民はもちろん、ラオスのイベント会社が「ラオスの伝統ではありません」と証言したことや、ラオス情報文化観光省や駐日ラオス大使館が口を揃えて「橋祭り」の存在を否定したことを伝えた。

 一方、隣国タイで同様のイベントが実際に行われている映像も放送。「タイの祭り」として放送していれば、企画としては成立する可能性にも言及した。

 ただ、「イッテQ!」の番組内でタレントの宮川大輔(46)は「今ラオスとかアジアでものすごい大人気なんです」とコメントしており、虚偽の説明をしていたこともあぶり出された。

 キャスターの安藤優子(59)は「ラオスで本当にそれが伝統的にやられてきたかどうか、毎年開催されてきたかどうかっていうのは一つのポイントですよね」と指摘。

「タイでやれば済んだこと。『こんな近いんだから、タイであるんだったらラオスでもあるんだろう』という思い込みがあった。『これ自体、お祭りっていうふうに捉えることもちょっと無理があったのかな』っていうふうには、何度も何度も映像を見ているうちに、ちょっとそういう印象を持ちます」と感想を語った。

最終更新:11/8(木) 19:10
東スポWeb

あなたにおすすめの記事