ここから本文です

電動バイク『ベクター』発表、ヘルメットのバイザーに各種情報を投影…EICMA 2018

11/8(木) 15:00配信

レスポンス

英国の新興二輪車メーカー、アーク(Arc)は11月6日、イタリアで開幕した「ミラノモーターサイクルショー2018」(EICMA 2018)において、電動バイクの『ベクター』(Vector)をワールドプレミアした。

画像:アーク・ベクター

アークは、英国の自動車産業の中心地、コベントリーに本拠を構える新興二輪車メーカだ。ベクターは、新世代のカフェレーサーをテーマに掲げて開発され、電動バイクとなるのが特徴だ。

ベクターの電動パワートレインに関しては、現時点でモーターなどのスペックは公表されていない。ただし、重量は競合モデルに想定するスーパーバイクよりも軽い220kgに抑えられ、0~96km/h加速3.1秒、最高速200km/hの性能を発揮するという。1回の充電での航続は、市街地でおよそ320km、高速道路でおよそ190kmを確保した。急速チャージャーを利用すれば、バッテリーは45分で充電できる。

また、ベクターには最先端の技術として、「HUD(ヘッドアップディスプレイ)ヘルメット」が採用される。「ゼニス」と命名されたヘルメットは、速度やナビゲーションなどの情報を、ヘルメットのバイザーに投影する。

オプションで、「ハプティクスライドウェア」と呼ばれるライダーズジャケットを設定する。ハプティクスとは、触覚を通じて情報を伝達するテクノロジーだ。ライダーズジャケットを振動させて、潜在的な危険をライダーに警告したり、バイクの能力の限界にどれくらい近づいているかを、ライダーに知らせたりすることを可能にしている。

《レスポンス 森脇稔》

最終更新:11/8(木) 15:59
レスポンス

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ