ここから本文です

白鵬 右ヒザのケガ完治せず九州場所欠場 

11/8(木) 16:24配信

東スポWeb

 横綱白鵬(33=宮城野)が8日、大相撲九州場所(11日初日、福岡国際センター)を休場することが発表された。休場は7月の名古屋場所以来、10度目。

 福岡・篠栗町の宮城野部屋宿舎前で宮城野親方(61=元幕内竹葉山)が報道陣に白鵬の休場を説明。「手術して穴を開けている。その右ヒザがまだ治りきってなくて痛い。無理して、またケガしたら同じこと」と、ケガが完治していないことが理由とした。

 白鵬は9月場所で41回目の優勝と幕内通算1000勝を達成。その後の秋巡業中に右ヒザの状態が悪化し途中離脱していた。10月中旬に右ヒザと右足首の手術を行ったばかり。今後は東京へは戻らず、福岡で治療を続ける。場所後の冬巡業には参加する方向で考えているという。「初場所には出られる。今年はケガが多い年だったが、逆にこれから良くなるんじゃないか」と宮城野親方は展望を語った。

 この日の白鵬は朝稽古に姿を現すも報道陣には無言。若い衆への指導を行った。

 42回目の優勝は来年にお預けだ。

最終更新:11/8(木) 16:24
東スポWeb

あなたにおすすめの記事