ここから本文です

『ボヘミアン・ラプソディ』フレディになるまで1年!ラミ・マレックの役づくり

11/8(木) 15:15配信

シネマトゥデイ

 伝説的ロックバンド、クイーンのボーカリスト、フレディ・マーキュリーの生きざまを描く映画『ボヘミアン・ラプソディ』の来日記者会見が8日、都内で行われ、来日中のラミ・マレック(フレディ役)、グウィリム・リー(ブライアン・メイ役)、ジョー・マッゼロ(ジョン・ディーコン役)ら主要キャストが出席した。

【画像】『ボヘミアン・ラプソディ』バスとキャスト陣!

 本物と見まがうほどにフレディになりきったラミは、役づくりについて尋ねられると、「ひげをつけたらそれで完成したかな」とおどけて見せたが、もちろんそれは冗談。「他の役なら数週間で用意できるけど、今回は1年もかけました。クイーンに関わる全てのアーカイブ、日本の方が撮ったホームビデオなども見たんです」と打ち明けた。

 また、「フレディは自然発生的に動く方なので、僕も振付師をつけないで感情のままに自発的に動くようにしました」と撮影を回顧。内側から湧き出る動きを表現するため、フレディが影響を受けたボブ・ホッシー、ライザ・ミネリの映像資料にもあたったといい、「物まねではなく、フレディを理解することで表現していました。そして、フレディという人間を裏切らず、たたえ、よりクイーンに近づくべく精進しました」と充実した表情を見せた。

 さらにラミは、「フレディは何万人もの人の心を手の平で扱える超人的な人なので、どうやったら人間の地位にまで引きずり落とすことができるのか?」と考えたことも告白する。「フレディは誰かに手の平でそっと包んでほしいと思っていたんじゃないか? と気づき、その思いなら自分もわかるし、彼の人間の複雑さにもがいているところから共通点を見出し、フレディと繋がっていきました」

 文字通り精魂を込めたラミは、「演じている時も演じ終わった後も、ものすごく自由になれた気がする」としみじみ。そして、「それは、彼らの音楽にステレオタイプを打ち破る力、一つのものに閉じ込める力を打ち破る力があるからだと思う。クイーンもステージで一番リアルな自分になっていましたよね。(この映画を)観る人にも、本当の自由を与えるんじゃないかな」と観客の反応に期待を寄せた。(取材:錦怜那)

映画『ボヘミアン・ラプソディ』は11月9日より全国公開

最終更新:11/8(木) 15:18
シネマトゥデイ

あなたにおすすめの記事